SPUR1
SPUR1
press to zoom
SPUR2
SPUR2
press to zoom
SPUR3
SPUR3
press to zoom
SPUR4
SPUR4
press to zoom
SPUR5
SPUR5
press to zoom
SPUR6
SPUR6
press to zoom
SPUR7
SPUR7
press to zoom
SPUR8
SPUR8
press to zoom
SPUR9
SPUR9
press to zoom
SPUR10
SPUR10
press to zoom
SPUR11
SPUR11
press to zoom
SPUR12
SPUR12
press to zoom
ART OSAKA
ART OSAKA
press to zoom
Group Exhibition
Group Exhibition
press to zoom

トリニダード・トバゴで毎年開かれるカーニバルのコスチュームデザイナーとして活躍し、アーティストのキャリアをスタートさせました。

このバックグラウンドが、私の現代アーティストとしての作品に大きく影響しています。

私の作品は、パフォーマンス的であり、誰でも参加できるものであり、刹那的である、というカーニバルの源流を受け継いでいます。私の作品は、MAS(トリニダードのカーニバルにおける芸術的要素)と、アート-具現化された体験の現象論的側面を探求するという意味でのアート-との間の、対話を土台にしています。

知覚というものに対する根源的な問いへの試みを続けながら、伝統的な表現手法に頼ることなく、現代文化を問いただしているのです。MASという概念を超え、MAS本来の姿をあらわにすると同時に、新しいイメージと物語-批評的かつ詩的に我々の社会文化環境に呼応する新たなイメージと物語-を紡ぎ出しているのです。

MARLON GRIFFITH    

マーロン・グリフィス(1976-)

Marlon GRIFFITH

マーロン・グリフィスはトリニダード・トバゴのポート・オブ・スペイン出身のアーティストです。

2004年以降、ヴィジュアルアートとパブリックパフォーマンスを融合させた作品を世界中の様々な国で制作、発表をしています。2009年からは名古屋に在住し、自国の文化、環境の持つ特色に加え、様々な日本の文化を学び取り入れることで、強い独自性を持った、クオリティの高い作品を制作しています。

Profile

2004 ヨハネスブルグ(Bag Factory / Fordsburg Artists Studios)

2005 岐阜県美濃市(美濃・紙の芸術村事業)

2007 ジャマイカ(Edna Manley College of Visual and Performing Arts)

2010-11 バハマ(Popop Studios, Nassau)

2011 ニューヨーク(Art Omi, Ghent, New York)アーティストレジデンス事業に参加

参加した主な国際展

2009 トロント(South-South: Interruptions & Encounters)

2010 マイアミ(Global Caribbean)

2011 ワシントン(Wrestling with the Image: Caribbean Interventions, Art Museum of the Americas)

2011 シャンペーン (Krannert Art Museum)

2008 韓国・光州ビエンナーレ(7th Gwanju Biennale)

2009 南ア・ケープタウンビエンナーレ(CAPE09)

2012 ベルギー・マニフェスタ9(MANIFESTA 9 Parallel Projects 2012, Hasselt, Belgium)

2015 イギリス・テート・モダンTATE MODERN 2014

           AGYU(Art Gallery of York University) 

2010 ジョン・サイモン・グッゲンハイム・フェローシップに選出コモンウェルスアウォードを受賞。

2009 名古屋市在住

   

Exhibition/SHUMOKU GALLERY

2016 SPUR

2017 GROUP EXHIBITION

 

SPURについて

SPUR(スパー)はマーロン・グリフィスが日本に拠点を移してから取り組んだ最初の作品である。NYでのレジデンシー(滞在型作品制作プログラム)において制作された。作品に使用したのは、農家で土を掘り起こすため馬や牛などにつけて使われる道具。厳しい労働、工業化を象徴するその道具を足につけ、円を描き続けるアーティストの動きは、人々が歴史、記憶、時間を書き、また書き直すマントラのようでもある。

 芸術家として日本で過ごした時間、また書道の稽古を通じ、グリフィスは忍耐や繰り返し、辛抱を必要とするパフォーマンスを創出した。同時に、空間に印を刻む新たな方策についても再考したという。

パフォーマンスと一緒に展示されるのは、モノタイプによる作品である。作品の中で人間の体は道具や機械と合体し、社会が工業化や発展を目指すときに紡がれる物語を表出させている。

BOOK

Marlon Griffith/Symbols of Endurance

Black Dog Pub Ltd /2018

​※Amazonにてご予約いただけます