花木彰太

SHOTA HANAKI 

-BORDER-

2018/4(SAT)-8/25(SAT) 11:00-18:00

日・月休

オープニングレセプション

2018/8/4(SAT) 18:00-

この度SHUMOKU GALLERYでは、花木彰太(1988-)の個展を開催いたします。

花木は、建物や風景の一部をモチーフとし、ストロークの見せ方や色面の微妙な違いを見せる作品を制作するアーティストです。物と素材、色、形のバランスを単純化し、シンプルな色彩の対比を見せる画面構成は、ロシア構成主義以降の現代美術を脈々と受け継ぐような確りとした意思を感じさせます。しかしながら、静謐な佇まいを持ちつつも、それでいてどこかポップですっきりとした雰囲気があり、同時代的な感性から生まれた作品であることを示しているようです。

本展では、キャンヴァス、木、アルミなど様々な支持体を用いた最新作約20点を発表致します。

是非ご高覧賜りますよう、お願い申し上げます。

 

<略歴>

花木彰太 Shota Hanaki

1988 愛知県生まれ
2011 愛知県立芸術大学美術学部油画専攻 卒業
2013 愛知県立芸術大学大学院美術研究科 博士課程前期美術専攻油画・版画領域 修了
2014 愛知県立芸術大学大学院美術研究科 博士課程前期美術専攻油画・版画領域 研修生 修了 

​Exhibition
2016  「Dashed line」 岡崎信用金庫資料館(愛知)
2015  「meeting」 GALLERY VALEUR (名古屋)