1)+Time+Layers+S7111+24.2cm×33.3cm+2020.

Hiroyuki Suzuki/鈴木広行

Time Layers

 

2021年1月16日(土)〜1月30日(土)

会場:STANDING PINE

〒460 0003 愛知県名古屋市中区錦2丁目5-24 長者町えびすビル PART 2 3F

13:00–19:00  休廊日||月・火

この度SHUMOKU GALLERYでは、鈴木広行(1950- )の個展を開催いたし

ます。

​1950年愛知県刈谷市に生まれた鈴木広行は、愛知県立旭丘高校を卒業後に

上京、篠田守男・三木富雄の助手を務めます。その後1973年に渡仏してS・

W・ヘイターのアトリエ17で版画を学び、77年に帰国。1982年には渡米し、

ニューヨークの荒川修作のスタジオで1年以上にわたり版画制作に協力して

います。

今回の個展は、2019年から2020年にかけて制作された、キャンヴァスを支

持体とした新しい「Time Layers」を初めて発表いたします。

これらは、NYからの帰国後1985年から1995年にかけて集中的に制作され、

2016年に発表された「Time Layers」に繋がる作品です。

鈴木はこれまで、版画やモノタイプ、ドローイングの仕事を通して、一貫し

て紙と素材の関係を追求してきており、あえてキャンヴァスを使用すること

を避けてきました。

本連作では、鉛筆を用いて、キャンヴァスの網目を一つ一つ丁寧に塗り埋め

ていき、キャンヴァスそのものを表現に取り入れたような、独特のマチエールを形作ります。

その上に、様々な素材を用いて、描画を施していますが、一つとして同じ手法で制作したものがなくよく見るとそれぞれが実験と発見の繰り返しであることがわかります。

永続性の強い黒鉛という素材を用い、時間を層と見立て堆積と減法を両立さ

せたような本連作は、これまで版画と金属の関係、タブローとしての複数性

からの脱却、現代美術としての版画表現を追求してきた鈴木の、一つの到達

点と言えるのかもしれません。

主催/問合せ:

SHUMOKU GALLERY

TEL:052-982-8858

〒461-0011 名古屋市東区白壁4-25-112

Mail:info@shumoku.net

www.shumoku.net