ARTNAGOYA2015レポート-ウェスティンナゴヤキャッスル

August 5, 2015


多くのお客様にご覧いただきまして、ありがとうございました。
1950年代から、現代にかけての紙作品(ドローイング)を並べて展示し、戦後から現代美術にかけての意識のつながり、また紙作品の重要性を見せる展示となりました。
また、陶芸作家 加藤巧、片山亜紀、木を使った新作を発表した安井敦彦の作品も展示いたしました。

 

 

 

Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us