「瀧口修造展」イベント詳細について

オープニングトーク:瀧口修造とデカルコマニーについて

馬場駿吉(名古屋ボストン美術館館長)

島敦彦(愛知県美術館館長)

2016/7/10(日) 15:00~16:30(予定)

定員25名(要予約) 参加費:無料

多くの美術家と交流し、瀧口修造と親交のあった馬場駿吉氏と、同郷の富山県出身で瀧口修造研究会会報「橄欖」にも論文を掲載されたことのある島敦彦氏のお二人に、当時の思い出やエピソード、本展の主要な作品内容であるデカルコマニーについてお話していただきます。

オープニングトーク終了後、レセプションパーティー(17:00-19:00)があります。

レセプションのみのご来廊も歓迎いたします。

イベント:瀧口修造講演「美というもの」(録音)を聞く会

解説:土渕信彦

2016/7/24(日) 15:00~17:00(予定)

定員25名(要予約) 参加費:無料

1962年に瀧口修造が、母校の県立富山高校で行った貴重な講演「美というもの」の録音を聴きます(同時に上映する資料映像を見ながら)。

その後、瀧口修造研究の第一人者である土渕信彦氏に解説していただきます。

受付/お問合せ 電話またはメールにて承ります。

定員に達した場合は、お断りさせて頂く場合がありますのでご了承ください。

052-982-8858 SHUMOKU GALLERY info@shumoku.net

デカルコマニー・紙(郵便はがき)14.1×9cm


Recent Posts