OKASHIN ART PROJECT2016開催

August 21, 2016

 

OKASHIN ART PROJECT2016

                              

岡崎信用金庫資料館は、旧岡崎銀行本店として大正6年に建てられた建物で、昭和57年より市民ギャラリー、貨幣展示室として地域の文化発展に貢献しています。

名建築家鈴木禎次氏が設計した、現存する数少ない建物として、登録有形文化財に選ばれています。当時の重厚感と近代化を感じさせる赤レンガと御影石をふんだんに使った建物です。

普段は市民ギャラリーとして活用されている1Fを使用して、様々な分野で力のある若手芸術家を支援し、発表していく企画です。

各方面より好評を得た2015年の第1回に続き、2回目の開催となる今回は、愛知在住の3人の若手アーティストによる作品を展示いたします。

 

10/2(日)-10/29(土)

花木彰太[Point and Border] 

1988 愛知県出身
2013 愛知県立芸術大学大学院美術研究科博士課程前期美術専攻油画・版画領域 修了meeting (GALLERY VALEUR)、グループ展 corner (cafe + gallery See&Saw)

 

11/2(水)-11/26(土)

マーロン・グリフィス[GREAT EXPECTATIONS]

1976 トリニダード・トバゴ出身、愛知県在住

様々な素材を使って現代美術作品を制作する。母国のカーニバルを源流とした、を世界各地の  国際芸術展やビエンナーレで発表している。日本ではあいちトリエンナーレ2013にも参加している。

 

12/1(木)-12/25(日)

松原智子[タイトル未定]

 1979 愛知県出身,愛知県在住

 2015  東京芸術大学大学院美術研究科修士課程会が専攻日本画修了

 和紙、雲肌麻紙、絹本、木などに日本画材料を用いて見えるものと見えないものとが共存し

 多くの生命が宿る自然を、そこからの恩恵を感じつつ制作している。

 

会場:岡崎信用金庫資料館1F市民ギャラリー

444-0038岡崎市伝馬通1丁目58番地 0564(24)2367 http://www.okashin.co.jp

時間:10:00-17:00 月曜休館

事務局:SHUMOKU GALLERY

名古屋市東区橦木町2-25 052-982-8858 info@shumoku.net

Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us