山村國晶

KUNIAKI YAMAMURA / 1965-2016

2016年4月20日(水)-5月1日(日)

オープニング・レセプション 4月20日(水)17:00-20:00

SHUMOKU GALLERYでは、昨年に引き続き2回目となる山村國晶(1942-)の個展を行います。1942年名古屋市に生まれた同氏は、愛知県立旭丘高等学校美術科を卒業後、武蔵野美術大学油画科に入学、1966年に卒業しています。大学在学中より南画廊、東京画廊など当時最先端の現代美術を紹介するギャラリーに足繁く通い、アメリカ現代美術を代表する様々なアーティストに影響を受けました。一方で当時、東京で起こっていた様々な芸術運動を間近に見て過ごしてきた同氏は大学卒業後名古屋に戻り、桜画廊(名古屋)、シロタ画廊(東京)などで抽象的なイメージの独特のフリーペインティング、ドローイングを発表し、高い評価を得ています。
その後現在に至るまで一貫して明るい図形的な作品を制作し続けている山村國晶は、昨年のSHUMOKU GALLERY個展で大学在学中の1965年から現在に至るまでの作品を一堂に発表しました。約一年ぶりとなる今回の発表では、同じく60年代から80年代に描かれた未発表の旧作に加え、より明るく深く進化し続けているここ一年の新作をあわせて約20点発表いたします。東洋的ポップなイメージで初期より一貫して質の高い作品を発表し続けている同氏の、今まで見せてこなかった初期衝動の世界観、刻々と変化していく新たな一面に触れる機会となりましたら幸いです。